ASIASEED 特定非営利活動法人 アジア科学教育経済発展機構
団体概要活動内容リンクアクセス
人材育成を通じてアジアの発展を支援
団体概要
 
理事長挨拶

日本への留学支援
日本の大学・大学院に留学するアジアの学生たちに対する情報提供、進学支援、生活支援、学業モニタリング・カウンセリング、インターンシッププログラム、卒業後の同窓会活動などに対する継続的支援など、日本留学を最も効果的・経済的にするためのさまざまな支援活動を実施しています

<代表的な事業>

○ モンゴル国 工学系高等教育支援事業実施支援(2014~現在)
  (発注者)モンゴル国政府

(事業概要)
モンゴルの主要2大学(モンゴル科学技術大学・モンゴル国立大学)の工学教育・研究の拡充を通じモンゴル産業界が必要とする工学系人材を育成することを事業目的としています。アジアシードは、この事業に含まれるすべての日本留学プログラムの支援を担当。

  1. ツイニングプログラム開発実施に係る支援(年間80名×4年、計320名)
  2. 教員・研究者の日本留学プログラム開発実施に係る支援(修士課程100名、博士課程60名、ノンディグリー320名の計480名)
  3. 共同研究プログラム開発実施に係る支援(20件)
  4. 国立高等専門学校留学プログラム開発実施に係る支援(年間40名×5年、計200名)
の全分野をコーディネートしています。

○ インドネシア 高等人材開発事業(PHRDP)(第一期~第三期)
  (発注者)インドネシア政府

(事業概要)
インドネシア政府は1990年代後半以降、法整備等を通じて地方分権を推進してきたが、地方政府の行政能力の向上のため、円借款を利用し日本留学(学位留学、短期留学・研修)ないし国内進学を支援。アジアシードはEEO(Educational Exchange Office)として、第1次計画の1期生から現在まで20年以上に渡りインドネシア政府から日本への留学・研修支援全般に係るコンサルティング業務を委託されています。
第1期(1996-2004) インドネシア政府BAPPENAS, MOF
日本への留学者数609人(学位留学300人、短期研修309人)
第2期 (1996-2004) インドネシアBAPPENAS, MOF, BPPT
日本への留学者数792人(学位留学510人、短期研修282人)
第3期(2007-現在) インドネシアBAPPENAS, MOF
日本への留学者数1,755人(学位留学943人、短期研修812人)

○マレーシア 高等教育基金借款事業(HELP)(第一期~第三期)
  (発注者)マレーシア政府

(事業概要)
標記案件の第1次から現在まで20年以上に渡り、マレーシア政府の実施機関であるマラ教育財団(YPM)からコンサルティング業務を委託されており、現地及び日本において、マレーシア側と日本の大学側の双方間のコーディネート業務全般を担っています。

 第2次及び第3次事業においては、マレーシア政府及び日本政府国際協力銀行(現、国際協力機構(JICA))と協議しながら、事業計画の策定も担当しました。
  • HELP1: (1993-2001) マレーシア政府(YPM)
  • HELP2: (1999-現在)  マレーシア政府(YPM)
  • HELP3: (2007年~2015年)マレーシア政府(YPM)

第1次・2次事業を通して600名以上の留学生が日本の大学に留学しました。第3次事業では、467名の学部生、69名の修士学生、14名の博士学生が来日しました。

○アジアユースフェローシップ(高等教育招聘奨学金プログラムAYF)

(発注者)国際交流基金

(事業概要)平和友好交流計画の一環として外務省のイニシアティブと文部科学省の協力によって実施された本事業は、日本とASEAN諸国及びバングラデシュとの間の友好的安全保障に寄与する人材の育成を目的とした日本留学プログラムです。

ASEAN10カ国とバングラデシュの計11カ国を対象とし、1996年4月の第1期生入学から2011年3月までの15年間に、計254名(年間18名前後)が日本国(文部科学省)国費留学生として日本の大学院に留学。卒業生の多くは現在では母国の大学政府機関や企業管理職として活躍しています。

Asia SEEDは、事務局として広報資料及び募集要項等の出願書類一式の作成、各国現地での面接試験への選考委員の派遣と試験実施手配、最終選考のための選考委員会の開催、国内外での予備教育実施支援、進学支援、日本留学中の学生モニタリング、帰国後のフォローアップを実施しました。

<そのほかの実績(事業名、発注者)>
  • オマーン人学生のための日本留学奨学金事業(2014年~現在)民間企業
  • インドネシア・バンドン工科大学(ITB)整備事業(Ⅲ)(2011年~現在)ITB
  • インドネシア人学生のための日本留学奨学金事業(2008年‐現在) 民間企業
  • インドネシア国立イスラム大学(UIN)保健・医学部事業(2007年-2013年)UIN
  • マレーシア日本国際工科院(MJIIT)教員派遣・留学生支援業務(2012~2013年)JICA
  • マレーシア日本国際工科院整備事業2013年~現在)マレーシア工科大学
  • タイ「ITエンジニアリング育成プログラム」(2009-2013)東京農工大学
  • マレーシア「マレーシア日本高等教育事業」(2007~2013年)マラ教育財団・マレーシア政府
  • 平成20年度高度専門留学生育成事業(次世代のグローバルコンテンツブリッジ人財の実践教育に関する再委託事業)(2008年) 東京工科大学
  • 平成20年度高度専門留学生育成事業(先端ものつくりITエンジニア育成プログラム)に関する再委託事業(2008年) 東京農工大学
  • インド情報技術大学教官の本邦研修に係る業務(2007年) 外務省
  • チュニジア「工学系博士課程留学生に関するアカデミック・フェローシップ・サービス」(2007年-2011年) チュニジア政府
  • ベトナム「高等教育支援計画(ITセクター)」に係る日本語教員採用支援業務(2006年) JBIC
  • SOI-ASIAプロジェクト業務支援委託(2003-2004) 慶應義塾大学/経済産業省
  • H13/14年度情報経済基盤整備(ITを利用したアジア向け教育プログラム事業) (2001年-2002年) 大学/経済産業省
  • マレーシア高等教育基金借款プロジェクトインドネシア科学技術振興事業(STAID/WB) (1992-1997) インドネシアBPPT/世界銀行
  • インドネシア科学技術振興事業(STAID/OECF) (1992-1997) インドネシアBPPT/OECF

短期研修プログラム

アジアシードはアジア諸国政府公務員の短期・長期研修に豊富な経験を有しており、本邦大学・大学院、政府機関における東南アジア各国政府の行政官・大学教員の専門研修のほか、環境、観光、金融、中小企業開発などアジア発展途上国の端的なニーズに対応した短期研修プログラムの企画・実施。

研修内容立案・受入機関コーディネーションから渡日前の事前オリエンテーション、日本到着時ウェルカムサービス、滞在中の緊急時対応等一貫したサービスを提供しています。

<代表的な事業>
Ÿ モンゴル政府:モンゴル国 工学系高等教育支援事業(ノンディグリープログラム)
  (発注者)モンゴル政府
  (研修対象者)研究者・大学教員

Ÿ アジア金融連携センター(Asian Financial PArtnership Center: AFPAC)研究員の日本滞在サポート業務(平成26年度及び平成27年度 3・4月期受入)
  (発注者)金融庁
  (研修期間)約3カ月

Ÿ 高等人材開発計画(第一期~第三期)短期研修プログラム
  (発注者)インドネシア政府
  (研修期間)2週間~3カ月
  (研修対象)行政官・大学教員向け専門研修


大学設立・強化プログラム

現地の大学や研究所等と日本の大学・研究機関との協力による共同研究、教員・研究員の交流、人材育成、カリキュラム改善、組織改善、及び教育研究のための資器材の調達支援などを通じての大学等の強化・改善事業実施の支援を提供しています。

<代表的な事業>
  • マレーシア・日本国際工科院(MJIIT)整備事業(年確認)マレーシア工科大学
  • タイ「東京農工大学バンコク事務所の運営支援」(2014年-現在)東京農工大学

<そのほかの実績>
  • アジア・アフリカ 戦略的環境リーダー育成拠点形成事業(2011年-2013年)東京農工大学
  • シアクアラ大学(UNSIYAH)強化プロジェクト(1994年-2003年)UNSIYAH
  • インドネシア共和国ボゴール農科大学(IPB)強化プロジェクト (1996年-2002年)IPB
  • インドネシア共和国バンドン工科大学(ITB)強化プロジェクト(1995年-2002年)ITB

高等教育支援に関わる調査

アジアシードが有するアジア各国政府ならびに教育機関との強力なネットワークを生かし、日本とアジア各国間に存在する高等教育に関わる問題の調査・情報収集・分析とこれに基づく提言を行っています。

<これまでの主な実績>
  • トルコ「日トルコ科学技術大学設立に向けた調査」(2014年)外務省
  • スリランカ「産業人材育成情報収集・確認調査」(2013年-2014年)JICA
  • エジプト国における高等教育の現状と課題に係る調査(2013年)JICA
  • モンゴル国「工学系高等教育事業準備調査」(2013年)JICA
  • シンガポール・インドネシア・マレーシア・UAE「平成25年度産業技術調査事業(日本の高等教育プログラムの国際展開の可能性に関する調査)」(2013年-2014年)経済産業省
  • マレーシア「高等教育基金借款(II)」案件実施支援調査 (2001年-2002年) JBIC
  • 富山県における留学生予備教育システムに係る調査研究 (2000年-2002年) 富山県
  • マレーシア「高等教育基金借款」案件実施支援調査 (1998年)OECF
ページの先頭へ
  特定非営利活動法人 アジア科学教育経済発展機構 (Asia SEED/アジアシード)
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5(水天宮北辰ビル7階)
電話: 03-6206-2222 / Fax: 03-6206-2244

お問い合せはこちらへ
Copyright© 2016 Asia SEED All Rights Reserved.